Xperia Z3 異常な電池消費の原因はBattery Mix?

Xperia Z3はソニーから2014年に発売されたスマートフォンで、まもなく発売から5年が経ちます。

私の母はこのXperia Z3をいまだに現役で使い続けていて、動作も問題ないし写真も簡単に綺麗に撮れて、使いやすくとても気に入っているようです。

ただ、ここ最近は電池の異常消費に悩まされていて、写真を撮ったりメールをしたりしていると電池が一日も持たない場合もあるとのこと。

原因を特定すべく、以前からインストールしてあった「Battery Mix」や端末の「設定」→「バッテリー」から電池消費しているアプリを調べてみたところ、消費しているアプリの上位は「Google Play 開発者サービス」と「Android OS」となっていました。

ネットの情報によると、これらのアプリは停止することができないので、キャッシュを削除して端末を再起動すると良いとのことなので試してみるもほとんど効果なし。

原因が特定できず諦めて放置していたのですが、先日母から、「最近急に電池の持ちが良くなったよ。」と報告あり、詳しく話を聞いてみると、先日の北陸の地震で緊急地震速報を受け取った日から電池の持ちが良くなったとのこと。

母は埼玉県に住んでいますが、その地震の日は偶然にも石川県に旅行に行っていて現地で緊急地震速報を受け取ったのだそうです。

Xperia Z3を確認してみると、Battery Mixの「監視」機能がオフになっていました。緊急地震速報によってXperiaが「緊急省電力モード」に切り替わり、Battery Mixの監視機能がOffになったようです。

そしてこの直後から電池の消費が抑えられて、今までと同じような使い方で2日以上電池が持つようになったそうです。ということは、やはりBattery Mixの「監視」機能が電池の異常消費の原因だったのか。

緊急省電力モードによって、Battery Mix以外の他のアプリの無駄な動きが停止したり何かがリセットされたりという効果があるかもしれないので断定はできませんが、Battery Mixを使っていて電池の異常消耗に悩まされているかたは、一度Battery Mixの監視機能をオフにするか、アンインストールして様子を見てみるといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする